チョーク交換がきっかけでロッククライミングに挑戦

私が長年通っているボルダリングジムではあるが、仕事の関係もあり、通う曜日や時間はおのずと固定してくる。
同じ曜日や時間帯に通っているうちに、私と同じようなスケジュールで通う人たちとは度々顔を合わせるようになるし、自然と会話もするようになってくる。
はじめのうちは、経験者である私に、クライミングシューズの選び方や、滑り止めチョークはどこで購入しているのか、などの話がきっかけで、徐々に仲良くなっていき、お互いのチョークを交換するなど交流が増えてくる。
最近では、そんな形で仲良くなった6人の仲間ができて、室内ではない、自然のロッククライミングに行ってみよう、という話で今盛り上がっている。
自然のロッククライミングと言っても、そんな危険なところには当然行かない。
ボルダリングは私を筆頭に他の仲間も経験者であるし、みんな私よりも若く、体力も力もある。
実は一番心配されているのは私なのかもしれないが。
久々に新しいことへのチャレンジでワクワクしている。