久しぶりに参加したテニスの試合

中学、高校と、部活動でテニスをやっていました。
社会人になって、テニスをする機会はほとんど失われていたのですが、同僚の勧めで再び始めることになりました。
やがて、同僚もよく参加しているというテニスの大会に参加することにしました。
実戦形式の試合は本当に久しぶりだったので、何かと不安だったのですが、そこは同僚との練習でカバーしました。
いざ試合の日が来て、その大会の雰囲気の良さに、まず驚きました。
初心者、経験者問わず、「テニスが好き」というだけで、皆さん仲良くなっているようで、私もその輪の中に気軽に入ることができました。
そういう所から人との繋がりを増やせるとは思っていなかったので、素直に嬉しかったですね。
もちろん、試合自体も非常に楽しいものでした。
私は二回戦で負けてしまいましたが、不思議と清々しい気持ちになりましたね。
体を動かすということ、そしてその中で知人を増やしていくことが、こんなにも素晴らしいことだとは思いもしませんでした。