煙突の役割ってどんなもの?

私の住む地域ではあまり見ないのですが、工場のみならず薪ストーブを置く家庭があるために煙突の需要があります。
煙突というとモクモク煙が出ている印象がありますが、その通り、排気効果があります。
換気扇などとは異なり、ファンを使わず、「ドラフト」という上昇気流を自然に起こす現象を利用して有害ガスを屋外に排出します。
これだとファンを回す余計な電力を使わずに済みますね。
ドラフトを起こすことによって煙を外に出し、そのときに発生する吸引力によって燃焼に必要な新鮮な空気を取り入れることが出来ます。
このドラフトは温度差があればあるほどよく薪が燃えます。
逆に温度差が少ないとどんなことが起きるでしょうか。
薪が燃えにくく、煙の温度が低いため、タールが発生して煙突にこびりついてしまいます。
タールには揮発性があり、溜まってしまうと煙突火災を起こす危険性があるので、よく燃焼させるか、タールを取り除く掃除を行なう必要があります。
煙突工事の専門業者
今でこそ科学でこのような仕組みが明らかになっていますが、昔の人は理論もわからずにこの知恵を用いた、ということに個人的に感銘を覚えました。