校則がきちんとしている関東学院高校

中学生の時は、制服をきちんと着ていた学生たちも、高校生になると制服もだらんと着て、スカートも短くしたりと、服装の乱れが起こってきます。
関東学院高校は、校則の中でも制服をきちんと着ていないと指導をされます。
女子はスカートの長さやリボンタイがつけられているかどうか、男子はネクタイがきちんとつけられているかを一学期に一度検査しています。
また、携帯電話をもつ学生が年々増えていますが、学内では電源を切ることが義務化されています。
電話など電子機器に縛られず、学業に集中できることで、充実した高校生生活ができるため大変よい校則だと評判がよいです。
また、関東学院高校では、何度も生活指導を受けると、指定校の推薦に影響するなど厳しく対応されますが、一人の人間としてルールを守ることの大切さを高校時代から教えてくれるので、保護者としても安心して通わせることができます。
また、化粧やパーマなども禁止されていて、アクセサリーをつけることも禁止されています。