ハッピーマム教育プログラムについて

それでは先ほども書いたハッピーマムの情操教育について詳しく書いていこう。
まずはハッピーマムで力を入れているプリスクールだ。
プリスクールとは直訳的に言うと小学校に入る前の準備期間のことである。
保育園時期は人生の中でも特に好奇心旺盛な時期だ。
その時期に色々な物に触れ合うことで、英語を通して多色な場面で順応していく力を養っていくのだ。
次に体操教室。
先ほどは体を動かすという点に特化して書いたが、実は運動をすることは、定位、反応、連結、リズム、バランス、識別、変換の7つのコーディネーション能力を養うことにつながる。
コーディネーション能力を司っているのは神経系である。
幼児期は神経系が発達するスピードが速く、とても大事な時期なのだ。
最後はリトミック。
リトミックでは音を聞いて自由に体を動かすということを行っている。
体を自由に動かすため正解は無い。
子供たちは楽しんで生き生きと取り組んでいる。
ハッピーマムではかっちりとした教育は行っていない。
すべての人が笑顔にというのがハッピーマムの合言葉だからだ。