煙突の寿命はこれで決める大切な作業「メンテナンス」

産業施設で使われる煙突とは異なり、一般家庭で使用される薪ストーブなどにおいては自身でメンテナンスをしなければなりません。
燃焼した木材のタールやススなどが付着し、自然と煙突内の空間が狭くなっていきます。
そのままの状態で使用を続けていると煙の排出がスムーズに行われなくなり、さらには内部のススやほこりなどに火が燃え移ると煙道火災と呼ばれる最悪の事態につながるケースも。
こうした事故を防ぐためにも欠かせないのがメンテナンスです。
つい後回しにしがちになりそうですが、長く使い続けるためにも定期的に実施するようにしましょう。
頻度は最低でも一年に一回、一シーズン使ったら必ずその後で点検するというのが大事とされています。
実際は運転前の確認やシーズン中のドアガラスや灰を受ける皿などその都度溜まっていく灰やススを入念に掃除しておくことで安全性の維持に努めましょう。
冬が過ぎ、暖かくなってきたらシーズン終了後のメンテナンスの時期です。
煙突や各設備の点検や補修が必要になりますが、自身の手に余る時は専門業者に依頼するのも手です。