日本ロール製造って何?

日本ロール製造について検索した。
日本ロール製造は1888年に創業したそうだ。
1918年にロール機械の製造を開始したそうで、ゴム、プラスチック用圧延プラントや、鉄鋼用圧延プラント等を機械ロール事業部が設計、製作をしているそうだ。
またポリエチレン管や、硬質塩化ビニル管の製造と販売をパイプ事業部がしているらしい。
この2つの事業部を中心に展開しているそうだ。
この会社のロールプラントは中国、東南アジア、中近東、欧州、米国などの海外への輸出も年々増加しており、世界各地の工業に貢献もしているそうだ。
日本ロール製造の競争力の源泉は、プラント・機械の製作と製品の製造の双方を事業化による相乗効果だそうだ。
第一・第二試験研究設備もあり、相乗効果を客にご活用してもらうために開設したそうだ。
日本ロール製造ならニーズに合わせたものを作れます
ゴム・プラスチックの新素材の研究と開発をし、自由に試験をしている客に利用してもらっているので高い評価も得ているそうだ。
日本ロール製造の1世紀にわたる技術の蓄積は技術の原点を知ることだそうで、開発テーマやニーズは時代によって変わってしまっても、技術の本質は変わることはないそうだ。