機械ロール事業部は日本ロール製造で何をしているのか

機械ロール事業部について掲載されていたので読んでみた。
日本ロール製造の機械ロール事業部では、二次電池加工機械、プラスチック加工の機械、ゴム機械、金属圧延機械等を製造して、それらを販売しているそうだ。
上記の機械のロールはもちろん全て日本ロール製造の会社で製造されたロールだそうだ。
ロールの製造には高精度と高品質が要求されており、鋳鉄ロール、遠心力鋳鉄ロール、高合金ロール等の技術は高く評価されているそうだ。
ドイツ製大型研磨機の導入もしているそうで、これによってロールの精度は上昇したので製造される機械の性能も向上させることができたそうだ。
日本ロール製造はゴム、プラスチック加工機械の専門メーカーとして日本の中では最大で、国内だけでなく東南アジア、アメリカ等、世界各国に輸出をしているそうだ。
また納入実績も日本ロール製造のサイトに掲載されてある。
そこには製造2006年12月の情報が載っており、どこの国にどのくらいの台数が納入されているか書かれてある。