他、パイプ事業部が日本ロール製造でしていること

パイプ事業部のことも読んでみると、上水道や下水道に使う硬質塩化ビニル管、テーロンパイプ等の製造と販売を日本ロール製造として行っているそうだ。
パイプ事業部は品質管理に力を入れているらしい。
テーロンパイプは強度、耐久性、水理特性、耐薬品性、作業特性などで上下水道の他にも広い範囲の分野にも利用されているそうだ。
これからも用途にあった配管システムの開発をしながら品質が良く更に優れた製品を安定的に提供を続け、社会のニーズにあった新製品と新用途の開発に努め、貢献して行くと書かれてあった。
日本ロール製造のパイプ事業部のページには主な取扱商品が記載されており、一般用、農業用、上水道用、下水道用、排水用、電線管、有孔管、集水用、宅内マス、サヤ管・保孔管、接合剤、テーロンパイプの諸特性、新商品、積算価格表の項目があった。
他に協会・団体と製品価格改定についての項目があった。
製品価格改定を見てみると2011年4月8日と2011年9月1日に日本ロール製造のパイプ事業部は製品価格の改定をしたそうだ。