ハンナンならではの商品製造環境について

ハンナンはハムやソーセージなどの食肉加工製品を製造・提供している企業です。
美味しい商品であることはもちろん、安心で安全な商品の提供を心掛けており、商品の製造の際には品質と企画にこだわっていることが特徴です。
この企業ではこれらの心掛けを実現するために、グループならではの品質基準を設定しています。
原料肉に関しては入荷してからの目視チェックや製品化までの全工程で生菌検査を行うというように、品質管理が徹底しています。
ここで商品の品質検査を例に挙げてみますと食品加工場に検査室を設置し、そこで原料として使用する肉が加工できる品質であるかだけでなく製品ができてからも規格に沿った仕上がりになっているかどうかといった点をチェックしています。
更にハンナンの加工場では商品の製造に適した温度を常に保つ、原料の加工に使用する機械には衛生面の維持に適した方法で洗浄や消毒作業を行うなど安全性に配慮した衛生管理を心掛けています。

良い商品を提供するためにハンナンが仕入れている材料

お客様に品質の良いハムやソーセージを提供するために、ハンナンは安定感のある原材料の供給が受けられる体制を保つことに力を入れています。
その際この企業のこだわりでもある安全で安心な原材料を仕入れるために、定期的に輸入元の各パッカーへの訪問を行っています。
そこで製造や生産状況の確認を行いつつ、信頼関係を築くことによって良質な商品の提供を続けるという仕組みになっています。
またこの企業の国産事業部では、国産牛肉の自社ブランドを展開しています。
ブランド関連では全国の販売店や飲食店に商品を提供するだけでなく、お客様ごとのニーズに応えられるように国産牛の肥育にも力を入れていることが特徴です。

そしてハンナンが商品の原材料の輸入国として取引している国は、牛肉輸出国として知られているアメリカやオーストラリアが中心になっています。
この2か国は美味しい肉に仕上げるための品質管理が徹底していることから、外国産ながら日本人に好まれる味わいであるという特徴があります。