フローリングは無垢にして床暖房を入れて大正解

さて、新居に住み始めてから3か月が経ちました。
その間、まだ床暖房を使ったことはありませんが、樺の無垢の木目のフローリングは目にも優しく、心が和む感じがします。
妻もキッチンに立つのが楽しくなったとのことで、料理にますます腕を振るってくれています。
多くの面積を占める床の素材や色は、とても大事ですね。
カタログを取り寄せたり、ショールームに行ったりして時間をかけてじっくり選んだかいがありました。
おかげで、夫婦げんかも減ったような気がします(笑)。
それに床暖房はエアコンなどと違ってコストも安く済むうえ、消し忘れによる火災の心配などもありません。
妻も私も働いているので、冬場は心配で、ストーブを消したか何度も確認してからでないと出かけられなかったので、これは助かります。
また、ファンヒーターやストーブと違って一部を温めるのではなく、部屋全体を暖めてくれるので、床暖房があれば他の暖房はいらないかもしれません。
無垢のフローリングに冬場もじかに座れるとは!今から寒い季節が待ち遠しいです。