東京でただ今注目!賃貸事務所とバーチャルオフィスの違い

企業が最初からきちんとしたオフィスを東京に構える時代は、もう過去のものとなりつつあります。
次世代を担うベンチャー企業は賃貸事務所やバーチャルオフィスを上手に活用しながらビジネス基盤を築いています。
賃貸事務所はレンタルオフィスとも呼ばれ、大ざっぱに言うと月単位や年単位でオフィスを貸し出す仕組みです。
業務に最低限必要な設備だけが整えられ、オフィスの賃貸契約期間中、企業は実際に営業活動を行います。
レンタルオフィスは営利企業だけでなく、発足したばかりのNPO法人などにも根強いニーズがあります。
一方のバーチャルオフィスは文字通り、架空のオフィスです。
バーチャルオフィスは実在する事務所ではありません。
あくまでも登記や書類上の拠点を証明するための仮のオフィスなのです。
社会的な信頼度はまだまだ低い面もありますが、今後ベンチャー企業が成長していけば認知度は東京を中心に自然に上がっていくでしょう。
バーチャルオフィスでは具体的な営業活動は行なわれません。
また、敷金や礼金が発生しない点でも賃貸事務所とは違いがあります。

賃貸事務所の新しいかたち!東京で個人向けオフィスをもつ

賃貸事務所は東京の企業や法人のためのものだと思っていませんか。
確かにこれまではビジネス用に使われる側面が大きかったのですが、ここ数年は個人向けオフィスという利用形態も増加しています。
営利目的ではなく、個人が自宅でできない作業をこなす空間として賃貸事務所を利用するのです。
個人向けオフィスには、オフィシャルとプライベートの中間のような側面があります。
個人事業主として取引をしていると、しばしば自宅を商談場所として使用することになります。
プライバシーを公開することになり、隠しておきたい空間を取引相手に見られる心配もあります。
賃貸事務所を個人向けオフィスとして利用すれば自宅の住所を公開する必要がないので、プライバシーが保たれるというメリットがあります。

ネットショッピングで購入した商品の受取先に指定することもできるので、個人情報の流出が不安な方も安心です。
東京のベンチャー企業から個人まで、賃貸事務所はさまざまな目的で利用されています。