デメリットも考えて!東京の賃貸事務所のうれしいメリット

簡易オフィスとして利用価値の高い賃貸事務所。
東京などの首都圏を中心に注目されていますが、具体的にはどのようなメリットと利用法があるのでしょうか。
真っ先に挙げられるメリットは、その手軽さです。
設立したばかりの企業は経営基盤が盤石でなく、きちんとしたオフィスを構えてもすぐに事業撤退せざるを得ないケースがままあります。
その点、賃貸事務所なら基本的に月単位の契約なので、事業の見通しを勘案しながら利用の更新を検討することができます。
設立当初は賃貸事務所を利用し、事業がある程度軌道に乗ったら固定のオフィスを構える、という形態も選択可能です。
近年では従来の利用方法のほか、テレワークやサテライトオフィスといった新しいかたちの運営形態も注目されています。
テレワークとは決められた曜日の決められた時間だけ出勤する方式で、子育て中の母親や体力に制限のある人にニーズがあります。
サテライトオフィスとは地方都市に拠点をもつ企業が都市部に仮のオフィスを構えることで、東京への事業拡大をねらう企業の事前リサーチ目的で使われています。
メリットとデメリットを検討したうえで、自社に合った賃貸事務所の利用法を模索しましょう。