念仏宗を知ったきっかけ

みなさんは念仏宗という仏教の宗派をご存知ですか?この間夫の法事があり、お坊さんを本家にお呼びして親戚一同集まりました。
そこでお坊さんがあげてくださったお経が、実家でいつも祖母があげているものと違ったので夫にどこの宗派なのか聞いてみました。
夫の実家は代々念仏宗のお寺の檀家さんなのだそうです。
私の家は別の宗派で、祖母が信心深い人で毎朝お経を唱えているのですがそのお経が仏教すべてのものだと思っていたので、今回初めて夫の実家の唱えるお経がうちのものと違うと知って同じ仏教でもその宗派ごとに唱えるお経も違うことを知りました。
夫と結婚した以上、私もその檀家になるわけなので何も知らないままでは嫁として恥ずかしい!と思い夫と一緒に、一度お寺を訪ねてみようということになりました。
どうせなら総本山にきちんとご参拝したい、と思ったのですが総本山が兵庫県ということで関東に住んでいる私達夫婦にはちょっと遠かったのでまずは関東にある念仏宗のお寺にご参拝することにしました。

念仏宗のお寺さん

もともと私の祖母も信心深い人なので昔からよくお寺に訪れる機会がたくさんあり、お寺の雰囲気自体が落ち着く私、今回の念仏宗のお寺にご参拝するのも楽しみにしていました。
今回は無量寿寺東京別院さんのほうにご参拝させていただきました。
きれいに掃除がいきとどいたお庭と立派なお堂に夫としばらく感動。
とてもすてきなお寺さんです。
季節ごとにお庭を見に散歩にくるのも楽しそうです。
私の実家の東北にある素朴なお寺も落ち着いた雰囲気で好きなのですが、こうゆうきれいなお寺さんもすてきです。
どこものぞいてもきちんと人の手が入っていて、檀家さんたちがここのお寺さんをどれだけ大切にしているのかが伝わってきて、とても温かい気持ちになりました。
自分達もみなさんが大切に思い、きれいに保っているこのお寺さんを大切に守っていけるいい檀家でいようね、と夫と話し子供が産まれたらこのきれいなお寺さんに家族で着たいと思いました。
念仏宗の総本山もとてもきれいだと夫に聞きました。
今からご参拝するのがとても楽しみです。

義母の念仏宗に関するありがたいお話

私が念仏宗に興味を持って夫と東京別院にご参拝したことを夫の実家の親戚たちがとても喜んでくださり、義理の母からありがたいお話を聞かせて頂きました。
もともと義母の実家も別の宗派で結婚を機に檀家になったそうです。
それまでほとんど無宗教だった義母は熱心な檀家の義父方の家にはじめは戸惑ったそうです。
でも、親戚づきあいや法事のたびにお坊さんから聞くありがたい話を聞いていくうちに念仏宗の教えをすこしずつ理解していったそうです。
なによりも大切なのは思いやりを人だけではなくすべてのものに持つこと、と聞いてその言葉がとても私の心に響きました。
私もまだ檀家になってから日は浅いけれどすべてのことに思いやりと感謝の気持ちを持てるよう頑張ろうと思いました。
これからたくさん覚えなきゃいけないこともあるのでしょうか?と聞くと義母は笑って難しく考えることはないから、まずは元気ですべてに優しさを持ってあなたなりに頑張ればいいのよ、と言ってくれました。
こんな素敵な人の義理の娘になれたことが嬉しかったです。
念仏宗が気になるなら本堂へ行こう
近いうちに義父義母、私達夫婦で総本山をお参りに行く予定です。
そこでお坊さんから直接念仏宗のお話しを聞く予定です。