効率化が期待できる工場内の間仕切りの使い方いろいろ

作業するときに埃が気になることはありませんか?埃が入らないかを気にしていると集中してできない作業があります。
特に工場内の作業では衛生面が重要です。
衛生に厳しい製品などを扱う工場では入口で何度もチェックをしてから間仕切りをくぐって中に入ります。
工場の搬入口に使用することもできます。
作業中に防虫や防鳥が可能な巨大な扉の代わりに使用します。
間仕切りを開けるだけでそのまま搬入や搬出ができるところが便利だと言えます。
工場内で使用する目的は工場の必要に応じてさまざまです。
使い方によっては冷暖房などの空調を限定した範囲に効率的に行き届くようにすることもできます。
透明なビニールを間仕切りとして使用することで一般的な扉とは異なり、空間の透明性や明るさを作ることができます。
広い工場内で資材や製品を管理するときに見やすくすることができます。
作業を行うときに静電気を防止できる間仕切りもあります。
建物内で気を付けなければいけない防炎対策もできます。

静電気対策や防炎は大事!工場内に間仕切りをオーダーしよう

特に工場内でよく必要とされるのは防炎対策や静電気対策です。
間仕切りを防炎にしておくことで火災時でも大きな燃え上がりを防ぎます。
静電気の防止は埃を防ぐ対策の一つです。
静電気は工場内では大敵です。
不良品や製造の機械の動作不全がでないようにするため、静電気をできるだけ防止し細かい埃が入らないようにしなければいけません。
間仕切りを使用することで静電気がより防止されます。
通販で既成品を購入することもできますが、納得のいく使用感を感じるためにはオーダーメイドで作ることをおすすめします。
オーダーメイドの場合でもシートタイプの間仕切りは短期間で早く設置することができます。
価格面でも低コストで済みます。
工場内の現場を採寸してから作るため、取り付け方法もふさわしいものを選ぶことができます。
取り付け方法は数種類あり、レールを設置するタイプと固定してつり下げるタイプなどがあります。
レールを設置すれば可動式で使用できるため工場内での利便性が高いです。

間仕切りフレームやシートをカスタムして工場内をきれいにしよう

オーダーメイドで間仕切りを作りたいときは業者に見積もりしてもらってください。
要望を伝えれば条件に沿った取り付け方法やシートを提案してくれるはずです。
工場内に足を運んで採寸してもらうことで、大きさによっては新たに柱を設置する必要も出てくるかもしれません。
取り付けのフレームのレールやポールもいくつも種類があります。
工場内の取り付けたい場所の広さや高さ、使い方によってコスト面も踏まえて納得するものを選んでください。
間仕切りシートだけを交換して使用したいときは、交換が簡単にできるタイプもあります。
見た目も清潔感のある外観で使用できるため工場内が美しくなります。
マグネット付きの取っ手をつけることで開閉もスムーズに行えます。
間仕切りの効果がアップするため、おすすめです。
シートの種類も何種類もあります。
効果やカラー、厚みなど具体的な希望に合ったシートを選んでください。
糸入りのシートは強度があり破れたときも穴が広がらず安心です。
工場内の間仕切りに最適の素材
透明ですが工場内の間仕切りとして目隠し効果も発揮します。