たくさんの人を救う可能性を秘めた念仏宗

どんな宗教もその時代時代によって必要とされてきたからこそ生まれたものであり、それは仏教においても同様だと思います。
仏教は、遥か昔からたくさんの人々を救ってきた釈尊の教えであり、一つの知恵です。
念仏宗は、そうした釈尊の教えを今に伝える重要な宗教であり、現代に生きる多くの人々の心の支えとなりうる宗教であると思います。
その証拠に、私が今回念仏宗について知る機会を得たことで、おばを始めとしてたくさんの方々と親密にお付き合いする機会を得ることができました。
人は日常生活を過ごしていると、どうしても目の前の仕事や学問に思考を奪われがちになってしまいます。
しかし念仏宗のような人と人とを繋ぐ宗教について知っておけば、常に自分が誰かのために生きているのだということを認識できるようになります。
こうした認識を持つことで、自分は決して一人ではなく、多くの人に支えられているということが分かるようになるでしょう。
私は今後も、念仏宗の教えを人生の糧にして生活していきたいと思います。